かるがもコース[小1〜4基礎学力養成]
小学生講座[区立中学進学]
中学受験[小5〜小6]
こども英語教室Lepton
中学生講座[中1〜中2/私立生]
高校受験[中3]
高校生講座[高1〜高2]
大学受験[高3]
Q&A
イベント
検定
STAFF
鹿島学園高等学校通信制
第一薬科大学付属高等学校通信制
みんなの速読
    
地元の中学校の定期テスト直前の土曜日もしくは日曜日などのを利用して、定期テスト対策授業「オープンゼミ」を実施しています。こちらは普段の授業のまとめとして、また、通常授業で取っていない科目でも学校教材などを利用して定期テスト対策を実施する特別講座です。また自習利用も開放をしています。

このイベントのみは、外部生の参加も可能です。特に塾生のお友達の参加が多く、体験授業代わりに受講にいらっしゃる方もいます。通常は13時〜17時の4時間。かなりのボリュームですが、あっという間に終わってしまうという感覚のようです。開講情報はブログでお知らせしていますのでご覧ください。
 

 保護者の皆様は、なぜ桜学舎をお子様の塾としてお選びになったのでしょうか?
 『小規模である』『個別に対応してくれる』『めんどうみがいい』『アットホームである』などなど… 
様々な理由があると思います。
 しかし、個別指導塾の弱点もよくお分かりだと思います。私たちも自覚しています。それは、『
進学塾らしい、ピリっとした緊張感』が少ないことです。確かに、桜学舎では「自然体」でいられる環境の中で学習することを「良し」としていますが、いずれは競争試験の中に子どもたちを送り込まねばならない… そんな矛盾も「個別指導」という形態の中には含まれているのを、我々は十分自覚しています。 
 合宿と聞くと、『野外体験』『自然体験』などという、いわゆる遊び中心の合宿が世間では定番でしょう。『ホントに勉強してるの?』『子ども連れて遊びに行くだけじゃないの?』 そんな声もあるかと思いますが、この合宿は違います。 総時間数30時間以上に及ぶ長時間学習、生徒達もヘトヘトになるほどの授業時間を確保した、まさに特訓合宿とも言うべき企画です。
 今の子どもたちは、こと勉強において、『辛い』という経験をしていません。ソコソコのんびりやって、「結果が出ない」「ボクは出来ない」と嘆いている子の何と多いことか。『
じゃぁ、オマエがどこまで頑張れるか付き合ってやるよ!』というのが合宿実施の発端。「限界へのチャレンジ」「極端なことをやりに行く」ということが一つの大きな目的でもあります。これにより、お子さんの勉強「キャパシティ」が一気に広がり、家で1日数時間学習することなど何ら苦ではなくなるでしょう。それが合宿参加の最大のメリットです。 
 
 もう一つの目的は、『他を意識する』という体験です。単なる日常の学習を、わざわざ高原にまで出かけて行う意味はありません。普段は会わない子、学年の違う子と共に長時間学習に挑む… これはとても大きな体験となるでしょう。普段では体験出来ない熱のこもったゼミ授業と根つめた座学。妥協しない学力養成にはピッタリの企画となっています。講師達も徹底的にお付き合いします。眠い目をこすりながらも、疑問を明日に残さない学習が出来るのはこの機会だけです。
 もう10数年実施しているこの合宿。毎年ヘトヘトで帰ってくる子ども達ですが、この、限界への挑戦とカルチャーショックを経験し、自分の力を再認識して、夏休み後半には「あの子、変わったなぁ…」と思える成長をしてくれることを心から願ってやみません。
 

「学校選びにも一苦労…」
「自分に合った学校はどこだか分からない…」
そういう生徒や保護者の方にも、桜学舎は多くの情報提供をしています。

TJK東京私塾協同組合に加盟している塾ならではのメリットであるのは、「親と子の私立都立中学高校受験相談会」への参加です。特に、桜学舎の塾長は組合の副理事長を務めていますので、主催する立場。中身を熟知した相談会ですので、ご案内もスムーズです。

また当日は事前申込制にはなりますが、「組合加盟塾限定・優先入場」の制度があり、混雑する会場で少しだけ優先的に相談ブースに座ることができます。
学校選びの際には、実際に中高の入試課担当者と個別面談をし、自分のやりたいこと、その学校で出来ることを相談しながら見つけていくことが出来ます。当日は、青いポロシャツを着たスタッフとして桜学舎の先生たちも多数会場にいますので、いろいろ相談をしながら学校選びをすることが出来ます。会場案内図に「ココとココを見ていらっしゃい!」などと印をつけてもらっている子も毎年多いものです。

この相談会は、毎年10月、渋谷・錦糸町・立川の3会場での開催となります。こちらは、中学受験生と高校受験生は必修でのご参加をお願いしています。非受験学年の生徒は自由参加となります。
 
 
かなりの狭き門となっている都立高校の推薦入試。倍率の高さもさることながら、その独特の試験に戸惑う生徒も多いものです。「内申点」「面接」の他に、昨今の都立高校では「集団討論」が課せられています。この集団討論は「ディベート」ではなく、あくまで討論なので、自分の意見をきちんと言えることや相手の意見を反映して検討を重ねることはもちろん、皆で意見集約をしていくという「協調性」をも見られる試験です。

東京私塾協同組合の主催で行う集団討論練習会も回を重ねるごとに精度が高まり、大変有効な練習会となっています。他のチームの討論を見学できるところが好評です。
 
大きい子から小さな子まで楽しめるイベントを、年間を通して開催しています。

特に、小学生が多く通う英語教室「Lepton」を運営している関係上、英語関係のイベントは特に多く開催されています。近年大人の間でも大きなイベントになってきたハロウィンパーティですが、この時期になると桜学舎にも可愛いオバケたちがたくさん集まります。お菓子を食べて、ゲームをして、少しだけ英語の勉強をして楽しむパーティです!
恒例のクリスマスパーティーもハロウィンパーティ同様人気のイベントです。この日は先生たちも仮装をしたり、サンタになり切ったりして生徒のホスト役に徹します。クリスマスならではの「プレゼント交換」やクリスマスソングを英語で覚えたり、こちらもまた楽しいゲームで遊んだりと、生徒が毎回楽しみにしているイベントの一つです。

音楽系の得意な講師が多いのも桜学舎の特徴の一つ。楽器を持ち込んで楽しく歌を歌ったりできるのもクリスマスのいいところです!
 
イースターパーティはまだ初めて日が浅いものですが、イベントが少ない年度前半の貴重なイベントとなります。イースターエッグを隠すゲームをしたり、またいつもとは違ったゲームで英語を勉強したりと、毎回毎回講師達は工夫を凝らして生徒を飽きさせないイベントを作っています。

イースターのことを知らない生徒も多いので、どんなイベントなのかも含めてお話しする機会を設けています。Lepton生以外ももちろん参加可能で、これらのイベントはお友達の参加も可能です!
 

小学校6年生の中学受験が終わった生徒、公立中学に進学する生徒、高校受験が終わった中学3年生と、私立中学にそのまま内部進学する生徒、そして大学進学が決まった生徒をメインに、毎年「合格進学祝賀会」を開催しています。近年はライブハウスを貸し切って、3時間ほどのライブパーティという大型イベントになっています。塾長もこの日だけは大学時代のバンド仲間と共にギターを披露します。もちろん、クイズや映像、記念品の贈呈などのイベントもあります。受験の労をねぎらうことにはおおきなパワーを注ぐ桜学舎です。 

年に数回、桜学舎のコンテンツ(塾・速読・Lepton・映像授業・プログラミング教室・通信制高校など)を一気に体験できるイベント「桜学舎フェスタ」を開催しています。

同時に、内部生向け(外部生参加可)の保護者会(夏休みの学習説明会や中学受験説明会などもあり)も開催し、保護者とのコミュニケーションと情報提供を図る機会を設けています。この体験会で入会や受講をお決めになるケースも多々あります。
この他、都立高校推薦入試対策「作文・小論文練習会」、保護者面談、理科実験教室、ギターを弾いてみようなどの開催があります。
 
   
   
 
   
質が高い学習塾百選 e-塾選び e-予備校ガイド 中学受験カフェへ 友だち追加数

進学個別 桜学舎
株式会社VISITUS
東京都台東区上野桜木2-10-3 エムエスビル1F-4F
〒110-0002 Tel:03-3823-7272 FAX:03-3823-7239